楽天カードが凄い理由!ポイント損しない高還元率クレカを選ぼう

楽天カードが凄い理由!ポイント損しない高還元率クレカを選ぼう

管理人
管理人

クレカのABC編集長の早瀬(@card_abc)です!

楽天カードの人気の最大の理由は、他のクレカやポイントカードを使うのが馬鹿らしくなるほど圧倒的なポイント還元率です。

買い物が多い人や、何かしらでポイントを貯めている人は、楽天カードメインに切り替えないともったいないです。

ただし先にお伝えしておきたい注意点は「楽天市場でのポイント還元率」が非常に高いカードであるという点です。

楽天市場を使わないけどポイント還元率の高いカードがほしいという人は以下を参考にしてみてください。

ポイント高還元率のおすすめクレジットカードランキングTOP3

そんな楽天カードが、具体的にどうすごいのかを徹底解説していきます。

クリックできる目次

楽天カードはポイント還元率がかなり高い

楽天カードはポイント還元率がかなり高い

楽天カードはポイント還元率アップの条件がいくつもあります。

そしてそれらを組み合わせることによって、高い還元率を実現できるのです。

その条件を見ていきましょう。

楽天市場なら常にポイント3%以上

楽天カードの定番の使い方は、楽天市場での決済です。

他のクレジットカードや決済方法を利用する場合は、ポイントは購入金額の1%です。

しかし楽天カードで決済すればポイントは3倍となり、3%還元されます。

つまり「楽天カードを使う」というだけで、何を買っても最低3%が保証されるのです。

この時点で、大抵の他社クレジットカードに勝っています。

街での利用もポイントアップ

楽天カードはポイント還元率最高クラスのクレジットカード

では楽天市場以外、つまり実店舗やほかのネットショップではどうなのかと言うと、還元率1%です。

年会費無料のクレジットカードだと0.5%が普通ラインなので、1%は優秀です。

楽天サービスでしか役に立たないカードではないので、安心してください。

「SPU」でポイント還元率はあなた次第

SPUとは「Super Point Up program(スーパーポイントアッププログラム)」の略称です。

これは年中開催しているキャンペーンのようなものです。

楽天の関連サービスに申し込んだり利用したりすることで、楽天市場で獲得するポイントの倍率が上がります。

条件 還元率
楽天カード決済 +2倍
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード決済
+4倍
楽天銀行を楽天カードの
引き落とし口座に設定
+1倍
楽天モバイル利用 +2倍
楽天証券で
月1回500ポイント以上投資
+1倍
楽天保険を
楽天カードで支払い
+1倍
楽天でんき加入 +0.5倍
楽天トラベル
月1回利用
+1倍
楽天市場アプリで買い物 +0.5倍
楽天ブランドアベニュー
月1回利用
+1倍
楽天TV契約 +1倍
楽天ビューティー
月1回利用
+1倍
楽天ブックス
月1回1,000円以上利用
+0.5倍
楽天kobo
月1回1,000円以上利用
+0.5倍

すべて活用すれば、楽天市場での還元率は16%になります。

とんでもないですね、楽天さん、、、

まだまだあります。

お買い物マラソンで最大43%

楽天市場では、1か月に1回ペースで「お買い物マラソン」というキャンペーンが実施されています。

期間中は各ショップポイント還元率を、最大で+19倍にしています。

更に、商品を購入したショップ数だけ還元率+1倍です。

※最大10ショップ(+9倍)まで

先ほどのSPUと合わせて、期間中は最大43%の還元率を実現できるということです。

新規入会キャンペーンで5,000ポイント以上GET

楽天カードを初めて申し込んだ人はポイントをもらえます。

ポイント額は時期によって異なりますが、5,000~8,000ポイントが多いです。

楽天市場では全額ポイント払いで決済しても、ポイントがもらえます。

最初にもらったポイントでさらにポイントを稼ぎましょう。

Edy付きで申し込めばさらに500円分もらえる

楽天カードの申し込み時に、Edyを付けるかどうかを選択する必要があります。

Edy付きを選ぶと電子マネー機能の付いた楽天カードになり、おまけで500円分チャージした状態でもらえます。

Edyを付けても手数料や年会費は発生しないので、使うつもりがなくてもとりあえず付けましょう。

楽天ポイントの貯め方は無限大

楽天カードはポイント還元率最高クラスのクレジットカード

「楽天カードで貯まるポイント」については以上です。

しかし楽天サービスにおいてポイントをお得に貯める方法はまだまだたくさんあります。

特に楽天市場では、常にいくつものキャンペーンが同時に展開されているので必見です。

以下の記事で楽天ポイントの貯め方についてより詳しく解説しているので、よろしければチェックしてみてください。

【年間10万ポイント】楽天ポイントの貯め方の裏ワザ

【年間10万ポイント】楽天ポイントの貯め方の裏ワザ

楽天カードと楽天Edyと楽天ポイントカードの違い

カードの種類と使い方が違う

楽天カードはポイント還元率最高クラスのクレジットカード

3枚はそれぞれカードの種類自体が違います。

楽天カード クレジットカード
楽天Edy 電子マネー
楽天ポイントカード ポイントカード

楽天Edyは事前にチャージして使うプリペイド(前払い)式の電子マネーです。

対して楽天ポイントカードには決済機能がなく、加盟店でポイントを貯める役割だけを担います。

審査の有無

楽天カードはもちろん審査が必要ですが、楽天Edyとポイントカードは審査がありません。

そして楽天ポイントカードは加盟店で無料でもらうことができます。

具体的にはマクドナルドやミスタードーナツ、ツルハドラッグなどのレジで受け取れます。

楽天Edyならポイントの二重取りができる

楽天カードはポイント還元率最高クラスのクレジットカード

クレジットカードで楽天Edyにチャージして利用することで、ポイントの二重取りができます。

楽天Edyの還元率は0.5%です。

しかしおすすめは楽天カードではなくリクルートカードでチャージすることです。

還元率が1.2%なので合計1.7%稼げます。

リクルートカードのポイントについてはコチラで解説

楽天カードや楽天EDYのポイント還元率比較

楽天カードや楽天EDYのポイント還元率比較
楽天の決済サービスは複数あり、どれがお得なのか分かりづらいです。

そのため状況に応じたそれぞれのポイント還元率の比較をして、どれがお得かを見ていきます。

楽天の決済サービス比較

比較するのは、楽天カード、楽天EDY、楽天ペイの3種類です。

また楽天EDYと楽天ペイはそれぞれ、楽天カードと連携するという前提で算出します。

それぞれの通常ポイント還元率は以下の通りです。

楽天カード 楽天EDY 楽天ペイ
通常 1.0% 0.5% 0.5%
楽天市場 3.0% 1.0%
その他ネットショップ 1.0% 1.0% 1.5%
公共料金 1.0%
街のお店 1.0% 1.0% 1.5%

それぞれの決済方法について簡単に解説します。

楽天カード

単体での還元率は1番高く、1%です。

またクレジットカードなので、非対応店舗以外ではさまざまなシーンで利用可能な万能選手と言えます。

特筆すべきはやはり楽天市場でのポイント3%です。

楽天EDY

楽天EDYはチャージでも利用でもポイントが貯まり、二重取りできるのが魅力です。

しかし楽天カードと連携するとチャージポイントが0.5%、支払いが0.5%の合計1%で、意味がありません。

リクルートカードなどのクレジットカードと連携することで、高還元率となります。

楽天ペイ

楽天ペイは利用可能な場面がやや限定的です。

しかし代わりに利用できる場面では、楽天カードに+0.5%の合計1.5%となります。

楽天カードと楽天ペイの使い分けが1番お得

楽天市場と公共料金では楽天カード、その他のネットショッピングや街での支払いは、「楽天カードと連携した楽天ペイを使う」のが1番賢いという結論になりました。

0.5%の違いで使い分けるのは面倒という方は、楽天カード1枚で行きましょう。

楽天カードのよくある疑問

楽天市場でのポイント還元率の確認方法は?

楽天市場でのポイント還元率の確認方法は?

楽天市場のトップページで確認可能です。

トップページを少しスクロールしたところに「あなたはポイント合計〇〇倍」と表示されています。

楽天市場以外で使う時のポイント還元率は?

楽天市場以外に利用する際は、原則1%のポイント還元率となります。

※一部店舗を除く

また楽天リーベイツなどを活用することで、楽天市場以外でも還元率を上げる事ができます。

公共料金の支払いでもポイントは貯まる?

公共料金の支払いでもポイントは貯まる?

貯まります。

楽天カードで公共料金の支払いをしても、通常のショッピング利用と同じように1%還元があります。

水光熱費などは楽天カードで引き落としましょう。

公共料金をコンビニでクレジットカード払いする3つの方法

税金の支払いでもポイントは貯まる?

税金の支払いは、クレジットカードで行うことができません。

これは楽天カードに限らず、どのクレジットカードでも同じです。

ただしふるさと納税は、楽天市場での買い物という形式で行うことができます。

そのため住民税だけは、ある意味ポイントが貯まると言えます。

楽天ふるさと納税でポイントをお得に貯める方法はこちら

楽天会員ランクによってポイント還元率は違う?

通常時は同じです。

楽天にはブロンズ、シルバー、プラチナ、ダイヤモンドと4ランクがありますが、どのランクでも基本的にポイント還元率は同じです。

しかしキャンペーン開催時などに「プラチナ&ダイヤモンド会員限定」などの条件付きで、割引クーポンの発行やポイント還元率の一時的な上昇はあります。

家族カードの年会費やポイント還元率は?

家族カードの年会費やポイント還元率は?
本会員の楽天カードと同じく、通常時は1%、楽天市場では3%となります。

また年会費は無料です。

5枚まで無料で家族カードを発行できます。

ApplePayやQuickPayで楽天カードを使うと還元率はどうなる?

ポイント還元率は変わりません。

スマホで支払うことができて便利になるだけです。

結論、楽天カードはこんな人におすすめ

楽天カードはポイント還元率最高クラスのクレジットカード

まとめると、以下3つのどれかに当てはまる人には楽天カードをおすすめします。

1.ポイントを貯めたい方

楽天カードのポイント還元率は高いので、びっくりするくらい簡単にポイントが貯まります。

今までポイントを意識したことがない人でも、興味があればぜひ試してみてください。

私自身がそれで感動したので自信を持っておすすめできます。

楽天ポイントのお得な使い方はこちら

0から教える楽天ポイントの使い方とおすすめ

2.ネットショッピングをする方

楽天カードはポイント還元率最高クラスのクレジットカード

楽天カードが本領を発揮するのは、楽天市場を利用するときです。

私は楽天カードを利用し始めてから、家電も日用品も食品もほとんど楽天市場で注文するようになりました。

しかし「ネットショッピング自体不安だからいやだ」という人は、持ち腐れしてしまいます。

あえて楽天カードを選ぶ必要はないでしょう。

3.楽天サービスを何か利用している方

楽天サービスを利用している人にはもちろんおすすめです。

楽天カードをきっかけに、まだ利用していない楽天サービスを試すこともあると思います。

楽天を使いこなして得しましょう。

さらにポイント還元率を追求する方は楽天ゴールドカードへ

楽天カードはポイント還元率最高クラスのクレジットカード

最初は年会費無料の楽天カードを利用すると良いですが、慣れたらゴールドカードを検討しましょう。

楽天ゴールドカードになると年会費2,160円が発生しますが、それ以上に得できます。

【年会費2~3年分】楽天ゴールドカードの新規申し込みキャンペーンまとめ

楽天市場でのポイント還元率は5%

楽天ゴールドカードで楽天市場の決済をすると、ポイント還元率+4倍です。

通常の楽天カードだと+2倍なので、2%分お得になります。

ちなみに楽天プレミアムカードの楽天市場コースだと6%になりますが、年会費10,000円+税です。

ポイントに関しては楽天ゴールドカードのコスパが1番良いと言えます。

空港ラウンジを年2回利用可能

楽天カードはポイント還元率最高クラスのクレジットカード

楽天ゴールドカードになると、旅行の際に空港ラウンジを無料で利用できるようになります。

空港ラウンジの相場は1,000円ちょっとなので、2回利用すれば年会費分は得できます。

年に数回旅行に行くという人も簡単に元がとれるので、おすすめです。

楽天カードか楽天ゴールドかの判断基準を解説

【3分で理解】楽天ゴールドカードの損益分岐点!切り替えで損する人

まとめ

楽天カードはポイントを稼ぐ上では最高クラスのカードです。

貯まるポイントを見ているだけで楽しくなってしまいます。

私は2018年、楽天だけで10万ポイント以上貯まりました。

年会費無料で審査も甘いカードなので、積極的に申し込んで見てください。

楽天カードは海外旅行でもやっぱお得!保険の内容や手数料を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA