オリンピック

【衝撃】オリンピックでVISA以外使えない理由とおすすめのVISAカード

オリンピックはVISAカードが必須!理由とおすすめカードを解説

管理人
管理人

クレカのABC編集長の早瀬(@card_abc)です!

2020年の東京オリンピックには注意点があります。

それはチケットの支払いや会場での決済の際に、クレジットカードはVISAしか決済できないという規制です。

MastercardやJCBのクレジットカードを使うことはできないので、持っていない人は事前に用意する必要があります。

この記事では、VISAカードしか使えない理由や、これからVISAカードを用意する人向けのおすすめを紹介します。

オリンピックではVISAカードしか使えない理由

オリンピックではVISAカードしか使えない

2020年開催のオリンピックでVISAカードしか使えない理由は、VISAが東京オリンピック2020のスポンサーだからです。

オリンピックの観覧に行く人は、必ず事前にVISAのクレジットカードを用意しておきましょう。

VISAは「東京2020パラリンピックゴールドパートナー」

VISAは1986年から、ワールドワイドパラリンピックパートナーとして、オリンピックおよびパラリンピックを支援しています。

またこれはスポンサーの中でも最長期間のようです。

そのためオリンピック委員会の会長である森喜朗さんにも、非常に感謝されています。

この深いつながりが理由で、「オリンピック関連のクレジット決済をVISA限定にする」という話が実現してしまったようです。

具体的には、現金orクレジットカード(VISA)という仕組みになります。

参照:Visaとオリンピックのパートナーシップ【VISA公式】

オリンピック公式のVISAカードすら発行している

オリンピック公式のVISAカードすら発行している

東京オリンピック2020での、VISAを優遇した企画はもう1つあります。

それは東京オリンピック2020限定のクレジットカード発行です。

当然、国際ブランドはVISAだけ。

しかし使わない記念品としてなら良いですが、クレジットカードとしてはおすすめできません。

なぜなら機能があまりにしょぼいからです。。。

チケット購入の現金とVISAカードの違い

東京オリンピック2020のチケットに当選した人は、コンビニかネットで支払いをします。

しかしそれぞれ条件があるので、違いを解説します。

コンビニで現金払い

まずコンビニで支払いをする場合は、現金でしか支払えません。

ただし2つの条件があります。

  1. 総支払額が30万円未満
  2. 手数料432円

大量に申し込んでいる人の中には、合計30万円を超えている人もいるので注意しましょう。

また手数料がかかる上にポイントもつかないので、コンビニ決済はおすすめしません。

ネットでクレジットカード払い

ネットでクレジットカード払いをする場合、上限額に制限はありません。

また現金と違って、手数料も0円。

ただし国際ブランドがVISAのクレジットカードでしか、決済できません。

VISAとJCBとMastercardの違い|クレジットカードと国際ブランド

0から学ぶ!クレジットカードのおすすめ国際ブランドと違いを比較

オリンピック会場での買い物もVISAカード縛り

オリンピック会場での買い物も、カード払いはVISAのみです。

「現金で決済すれば良くね?」

そう思う方もいると思いますが、オリンピックに関してはクレジットカードの用意をしておくべきです。

せっかく4年に1度しかないイベント、しかも東京開催なのに、後悔することになりかねません。

オリンピック観戦はVISAカード必須である4つの理由

オリンピック観戦はVISAカード必須である4つの理由
それではなぜオリンピックにクレジットカードを用意して行くべきなのかを解説します。

理由は4つです。

  1. 予定外に出費が多くなっても対応可能
  2. 現金で大金を持っていく必要がなくなる
  3. ポイントを獲得できる
  4. 万が一なくしてもクレカなら問題なし

順番に理由を解説します。

1.予定外に出費が多くなっても対応可能

「オリンピックは観るだけで、お金は使わない」

そう考えていませんか?

オリンピックを会場で生で観戦したら、興奮し、感動すること間違いなしです。

そうなったら記念にグッズを買いたくなるかもしれませんし、知人に頼まれるかもしれません。

計算より出費が多くなるというのは、あるあるな話です。

2.現金で大金を持っていく必要がなくなる

2.現金で大金を持っていく必要がなくなる

「でも現金で用意すればいいじゃん」

そんな考えもあるでしょうが、ただでさえ当日は人が多く、しかも興奮状態の場合が多い会場です。

うっかり手荷物や、財布をなくしてしまうかもしれません。

それに大金を持った状態では、100%集中して観戦することはできないでしょう。

3.ポイントを獲得できる

現金ではポイントがつかないというのももったいない点です。

買い物をすればするほど、クレカの場合と比べて損していることになりますからね。

どうせならカード払いでポイントをGETしましょう。

ポイント高還元率のおすすめクレジットカード3選

ポイント高還元率のおすすめクレジットカードランキングTOP3

4.万が一なくしてもクレカなら問題なし

最大の理由は、クレジットカードなら紛失しても損しないことです。

現金を紛失してしまったら、誰かが落とし物に届けてくれない限り、そのお金は2度と返ってきません。

しかしクレジットカードなら、なくしたとしても利用停止の電話を1本入れるだけ(5分程度)で解決します。

仮に気づくのが遅く不正利用されてしまっていたとしても、紛失・盗難補償付きのカードなら全額補償してもらえるので、お金が返ってきます。

オリンピックに向けて用意したい!おすすめのVISAカード3枚

2次抽選までに用意したい!おすすめのVISAカード3枚

オリンピック当日までにクレカが必須な理由をお話したところで、具体的におすすめなカードを3枚紹介します。

セキュリティの堅さ、審査の甘さ、ポイント還元率のどれを優先するかで、GETすべきカードが変わります。

また国際ブランドが選べるカードの場合、申込時にVISAを選択するのを忘れないでください。

セキュリティの堅い三井住友VISAクラシックカード

セキュリティの堅い三井住友VISAクラシックカード

紛失した際を含め、セキュリティを信用できるカードがほしい場合は、三井住友VISAカード一択です。

三井住友VISAカードにはたくさんのセキュリティ対策が施されています。

  • 業界最高水準の24時間不正使用検知システム
  • ICチップ
  • 持ち主の写真掲載
  • 紛失・盗難補償
  • ネットショッピング認証サービス

特に免許証のように、持ち主の写真を掲載しているクレジットカードはほとんどありません。

これがあるだけで、不正利用される可能性は格段に下がりますよ。

審査が超甘いライフカードCH(年会費あり)

審査が超甘いライフカードCH(年会費あり)

「金融トラブルを起こしてしまった」
「自営業者になって審査に通らなくなった」

こういった人は、クレカ発行が難しい人に向けて作られた「ライフカードCH(年会費あり)」をおすすめします。

ライフカードにはいくつか種類がありますが、あなたが選ぶべきはライフカードCHと呼ばれる年会費5,000円のカードです。

高い年会費の代わりに、他のカードなら絶対に審査通過不可能な人にもカードを発行してくれるので、合格率は高いです。

ポイント還元率が高いリクルートカード

ポイント還元率が高いリクルートカード

ポイントがたくさん貯まるカードを希望する方は、リクルートカードが良いでしょう。

リクルートカードは年会費永年無料にもかかわらず、還元率1.2%です。

ほとんどのクレジットカードの還元率は0.5~1.0%なので、リクルートカードはトップクラスと言えます。

Suicaのチャージでもポイントが貯まるので、会場までの交通費ですらポイントを貯めましょう。

まとめ

東京オリンピック2020では、VISAカードの用意が必須です。

審査に時間がかかったり、落ちてしまうこともあるので、すぐに準備しておきましょう。

くれぐれも当日、現金だけで乗り込んで、せっかくのオリンピックを嫌な思い出にしないでくださいね。

-オリンピック

Copyright© クレカのABC , 2020 All Rights Reserved.